オールオン4

オールオン4とは?

最少4本のインプラントによる治療

オールオン4(All-on-4)とは、片顎もしくは上下の歯全てを失った方のためのインプラント治療です。

最少4本のインプラントを埋入し、そのインプラントで総入れ歯の形をした上部構造を固定し、
見た目とかみ合わせ機能を素早く回復させる治療法です。

全ての歯を失った場合、従来では8~14本のインプラントを埋入する必要があり、身体的・費用的負担の大きなものでした。

オールオン4とは

また、総入れ歯を長くお使いの場合は顎の骨が痩せてしまっていることも多く、広範囲に骨を増やす治療(骨造成)が必要になるなど、気軽に始められる治療ではありませんでした。

しかしオールオン4の登場によって、最小4本のインプラントで最大12本の歯を取り戻すことが可能になりました。これまでの術式に比べ、少ない負担で多くの効果を得ることができます。

オールオン4 治療の流れ

治療手順

審査・診断

まずはオールオン4治療が可能かどうか調べていきます。
安全かつ確実に成功させるため、レントゲンやCTなどで顎・骨の状態をチェックしていきます。

手術
カウンセリング

審査・診断の結果をふまえ、今後の治療に関するプランをご説明させていただきます。具体的な治療方法・期間、費用、他の治療方法との比較などをお伝えし、具体的な治療開始時期などを決めていきます。

手術

インプラントを埋め込みます。その上に仮歯を装着することで当日の治療は終了です。この状態で食事を行うことが可能になり、見た目の違和感も少ないです。そのため日常生活への影響はほとんどありません。

手術時間は状態にもよりますが、片顎1時間程度が一般的です。従来のインプラント治療は、2~3時間程度かかっていましたので、半分以下の時間で治療を終えることができ、患者への負担は軽減されていると言えます。

手術
最終的かぶせ物の作成

そして、インプラントが安定するまでの安静期間(1ヶ月~6ヶ月程度)を経て、仮歯から正式な強度・見た目の優れた歯(上部構造)に取り換えます。

これで治療は完了です。

オールオン4のメリット

1.しっかりと噛める

入れ歯の噛む力は、ご自身の歯と比べると約2~3割の能力と言われます。
その点オールオン4は、顎の骨に埋め込まれたインプラントが人工の歯(上部構造)をしっかりと固定するため、ご自身の歯に近い、しっかりとしたかみ心地を得ることができます。

入れ歯でうまく噛めずにいたお食事も、ご自身の歯のように美味しく食べることができます。

オールオン4のメリット

2.違和感が少なく、発音しやすい

総入れ歯の場合、上顎部分を広く覆ってしまうため違和感が強く、吐き気を催してしまうこともあります。また、慣れないうちは発音がしづらく、滑舌が悪くなることもあります。

その点、オールオン4は入れ歯のように上顎を覆わないため違和感が少なく、発音にもほとんど影響がありません。

3.取り外しの必要がない

総入れ歯は取り外し式であり、使用しているうちにゆるくなって外れたり落ちてきてしまうことがあります。その点オールオン4は固定式のため、その心配がありません。食後や寝る前に外す必要もないため、わずらわしさもなくご自宅でのケアも簡単に行うことができます。

オールオン4のケア方法
オールオン4のメリット

4.美しい歯並びに

オールオン4治療では、美しく理想的な見た目を実現できます。インプラントに人口の歯(上部構造)をつけるため、歯を作る上で自由度が高く、見た目が整ったかぶせ物を作ることができます。

歯のお色も選んでいただくことができるので、違和感のない自然で美しい口元に仕上げることもできますし 、芸能人のような真っ白な歯にすることもできます。

5.手術当日に歯が入る

普通のインプラント手術では、歯が入るまでに一定の期間がかかります。骨を増やす手術(骨造成)を行う場合は、更に期間が必要になります。オールオン4では最短で手術当日に仮歯をつけることができるため、歯のない期間を大幅に短縮することが可能です。

柔らかいものであれば当日からお食事ができますし、見た目を気にすることなく日常生活を送ることができます。

6.費用が抑えられる

インプラントで全ての歯を作ると、上顎だけでインプラントが8本以上必要になり、その分費用がかかります。
その点オールオン4は最小4本のインプラントで済むため、費用を大幅に抑えることができます。

オールオン4のメリット

オールオン4のトラブルやリスク

治療や手術を行うにあたり、失敗や術後のトラブルなどを0にすることは不可能と言えます。オールオン4による治療であっても同様で、稀に治療の失敗やその後のトラブルなどが発生してしまうことがあります。

オールオン4で起きやすいトラブルは、「インプラント周囲炎」と言われるものです。インプラント周囲炎とは、天然の歯でいう「歯周病」のことです。

口の中の細菌(プラーク)が原因となり、歯茎の腫れや出血、膿みが出るなどを引き起こし、進行するとインプラントの周囲の骨が溶けてきてしまい、インプラントがグラグラと揺れ、最終的にはインプラントを除去しなければならなくなります。

オールオン4のトラブルやリスク

初期段階では、ほとんど自覚症状がありません。軽度の場合は、専門的なクリーニングや、抗生剤の投与などで治療を行いますが、重度まで進行するとインプラントを除去しなければならない状況になります。

その場合は、溶けてしまった骨の回復を図った後、再度インプラントを埋め込む手術が必要になります。その場合は時間もかかり、うまく骨が回復しない場合には、インプラントを埋め込むことができない場合があります。

インプラント周囲炎の予防は、正しい方法での歯みがき、専門家による定期的なクリーニングやメンテナンスを受けることです。

オールオン4の治療では、4本の歯で多数歯を支えることから、1本あたりのインプラントに加わる力が強く
なります。

また、インプラントは虫歯になることはありませんが、清掃を怠ることにより「インプラント周囲炎」になる恐れがあります。治療後完了後もお口の中を清潔に保つことが重要になります。

オールオン4のトラブルやリスク

ケア方法

丁寧なケアを心がけてましょう

歯ブラシはいつもお使いのもので構いません。歯磨き粉に関しては、研磨剤の入ったものは避けましょう。
表面に細かい傷がつき、着色や細菌がつきやすくなることがあります。

歯ぐきと人工の歯(上部構造)の間に食べかすや汚れが溜まるため、歯間ブラシやスーパーフロス、ウォーターピックを用いて、汚れを落としましょう。

ケア方法

費用と支払い方法

オールオン4の費用、
相場はどれくらい?

インプラント治療は治療費が高額になるというイメージを持つ方が多いと思います。しかし、オールオン4治療は、従来のインプラント治療に比べ安価かつ短期間での治療が可能です。

従来のインプラント治療の相場は、インプラント1本約30万~50万円程度です。そして全ての歯を失った場合、10本近くのインプラントを埋め込むことになるため、300万~500万円かかることになります。

オールオン4にかかる治療費の一般的な相場は、片顎200万~300万円と言われています。

金額のみに注目すると高額と感じるかもしれませんが、従来のインプラント治療にかかる費用比べると違いを実感することができます。

また、オールオン4を含めたインプラント治療では医療費控除制度を利用することが可能です。

費用、相場

オールオン4の
支払い方法

比較的高額な費用がかかるため、お支払い方法に不安を感じている方もいらっしゃると思います。

当院では自費診療の場合、現金・クレジットカード・振込・デンタルローンの4つのお支払方法からお選び
いただけます。

費用、相場

デンタルローンとは?

歯科に限定された治療費を分割してお支払いができるローンの方法です。ローンと聞くと身構えてしまう方もいるかもしれませんが、クレジットカードの分割払いよりも金利を安く抑えることができます。

分割回数や金利、そのほかのお支払方法についてご不明な点はお気軽にスタッフまでお声がけください。

今すぐ予約したい方
03-3505-4618電話受付10〜21時(土日は18:30まで)
3日以降のご予約
WEBから予約24時間受け付けております。
お悩み・ご相談
お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
Group Information

医療法人社団
まる歯グループ
ご紹介

都内に7つの歯科医院を有し、おもてなしの歯科医院を柱に、一般診療はもちろん、入れ歯やインプラントや審美歯科の治療を行っております。日本補綴学会研修施設ということもあり、咬合はもちろんのこと、インプラント・入れ歯に関しては、自信をもって教育できる機関となっております。

  • 渋谷歯科

  • 渋谷宮益坂歯科

  • 久我山駅前歯科・矯正歯科

  • 秋津歯科・矯正歯科

  • 西永福駅前歯科・矯正歯科

  • 下北沢歯科

麻布十番歯科・矯正歯科は
痛みに配慮した、
おもてなしの歯医者です。

診療時間
10:00〜13:30
15:00〜21:00 - -
14:30〜18:30 - - - - -

※平日最終受付は20:00まで
※土日の最終受付は17:30まで
[休診日]祝日

AED
TEL:03-3505-4618
地図

〒106-0044 東京都港区東麻布3-8-8 明商ビル1F
大江戸線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
南北線 麻布十番駅 6番出口より徒歩10秒
Google マップを開く >